7月6日(月)、新型コロナウイルス禍を通じ非正規労働者の権利保障を考える、オンライン集会を開催します。|非正規労働者の権利実現全国会議

新型コロナウイルスに関する情報発信

7月6日(月)、新型コロナウイルス禍を通じ非正規労働者の権利保障を考える、オンライン集会を開催します。

2020.6.18

非正規労働者の権利実現全国会議

※参加お申し込みの受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

2020年4月1日から、有期パート法、労働者派遣法で均等、均衡処遇を求める法律が施行されました。

非正規労働者の権利実現全国会議は、不十分でもこの機会に法案を活用し、差別を正していく運動を始めようと集会を予定していましたが、コロナ感染拡大のなかで残念ながら中止いたしました。

その間のコロナ禍のなかで、「少ない休業補償」「極端な賃金カット」「解雇・雇止め」など、非正規労働者にのしかかる過酷な差別も浮き彫りになりました。

3月18日から実施してきた仕事・雇用への影響についての緊急アンケートには、600人以上の声が寄せられました。

アンケートを受けた政府への提言書・アンケート集約はこちら

これら声をもとに非正規労働者の権利実現の運動を広げるため、WEB上でミーティング「コロナ問題を通じ、非正規労働者の権利を見つめ直し立ち上がろう」を実施することといたしました。

世界と日本の政策や運動から学び、差別雇用をなくしましょう。

■日時:2020年7月6日(月)18:00~19:30
オンライン(ZOOM)開催
※開催日直前に、お申し込みされた方へミーティングのURLをお知らせいたします。
■参加無料


■プログラム(予定)

講演
「日本でも作らせたい労働者保護政策」
脇田滋(龍谷大学名誉教授・非正規会議代表幹事)
諸外国の労働政策、経済施策に学び、運動を展望します。

報告
「労働組合が勝ちとる緊急事態下の要求闘争」
古住公義(KBS京都放送労働組合副委員長)
「フリーランスでも闘った労働組合の成果」
清水亮宏(弁護士・ヤマハ英語講師ユニオン特別組合員)
「アンケートに寄せられた非正規、フリーランスの声に耳を傾けよう」
冨田真平(弁護士・非正規会議事務局)

>> お知らせ一覧に戻る